赤十字という組織の理念と活動

赤十字という組織は世界各国の国と地域で活動しています。日本において活動している組織は日本赤十字社。この組織は西南戦争時の負傷者を治療するために作られた組織を母体としています。ここには元々この組織が戦争時の救護を行うために作られた組織である事も関係していますが、この組織の原則にも大きく関わってきます。一つの国に一つの組織が作られ、その組織を中心としてその国全土に対して支援を行います。また、この組織は各国が全て平等な権利を持ち相互援助を行っています。
特色として政府が行う支援の補助するために、その国の法律に従って動くために違いが生じて来ますが、同時に組織のルールに則した行動を執らなければ成らず、それがこの組織の行動の柱となっており、そうした理念を守るために国家からある程度の独立性や自主性を持たなければなりません。そうしたルールの代表例が公平性と中立性。この組織が敵味方の区別なく多くの人を救うために活動する、戦闘行為に一切参加しないと言うのはご存知でしょう。また、数多くの国々が国際法によって負傷兵に対する保護を決定しており、絶対に安全とまでいきませんが、看護活動を行っている多くの女性や武器を持たない人間に対しても一定以上の安全が保障されています。戦争時以外にも青年による街中での病を初めとした問題に対する意識の向上を目的とした行動、街中で多くの青年が健康に関する問題についてアピールしている姿を見た事がありませんか?これもこの組織の活動の一つです。こうしたように活動内容には専門的な知識が必要のない物や女性であったとしても安全な物も多数存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。